銀行のカードローンの特徴について

カードローンを扱っている金融機関の一つが銀行です。消費者金融も扱いがありますが、消費者金融とは大きく違っている点がいくつかあります。その一つが利用対象者に関してです。ローンの場合、審査を行って融資しても良いかどうかを判断しますが、それ以外にも融資対象者の条件などが定められています。消費者金融の場合は20歳以上の安定した収入が有る人と言う事になっており、収入が無い人はそもそも融資してもらう事すらできません。これは消費者金融を管理している貸金業法の中の総量規制と言うルールによって定められています。だから、例えば専業主婦の場合も配偶者にどれだけ収入が有ったとしても、自分名義でお金を借りる事は出来ません。それは総量規制で決まっている事だからです。

しかし無収入の人でも返済できると判断してもらう事が出来れば融資してもらえる所も有ります。その一つが銀行です。銀行は貸金業法の管理下にあるわけではなく、銀行法の管理下にある金融機関です。だから総量規制の対象とはならない為、無収入の人でも融資を受ける事が出来るようになっています。もちろん返済できるとみなして貰う事が出来れば、その人名義で融資を受ける事が出来るようになっています。もう一つの特徴が、適用される金利が消費者金融に比べると少し低めになっていると言う事です。通常カードローンを利用する場合は金利分を合わせて返済する事になります。初回利用時はまだ信用度が低い為に高金利で、そして利用実績をあげて信用度が増して行けば、次第に低金利でお金を借りる事が出来るようになって行きます。ただ消費者金融はスピード融資を宣伝文句としている場合が多く、消費者に対しても門戸が広くなっています。反対に銀行の方は審査をより厳しく行い、利用対象者を吟味しています。審査には消費者金融に比べると時間がかかってしまう事も有りますが、その分適用される金利が低くなる為、上手に活用すれば同じ額を消費者金融のカードローンで借りた時よりも返済総額を抑える事も可能です。