カードローンを利用する時に適用される金利について

カードローンを利用する場合は、基本的には借りたお金だけを返済すれば良いのではなく、利息分も合わせて支払う事になっています。利息を計算する時に必要なのが金利です。店頭やインターネットのサイトなどでは年利の表示になっていますが、実際にはカードローンの場合は利息分は日割計算となっているので、計算する時は日歩にしてから計算します。金利はカードローンを利用する時にどうしても関係してくる物ですが、全ての人が同じ利率となっているわけでは有りません。まず金融機関によっても違っていると言う事、さらに同じ金融機関でも適用される金利には幅がある状態です。同じ金融機関でも適用される金利に幅がある理由の一つが、カードローンは信用貸しだと言う事です。申し込みをする時は身分証明等は必要ですが、担保や保証人を用意する必要はありません。あくまでもその人の人となりを信用してお金を貸す信用貸しの形をとっているからです。

ただ、初めてその金融機関を利用する人に対して、金融機関は融資をする事は決めたとしても、お金をどれだけでも貸しても大丈夫だと思う事は出来ません。信用度が低いからです。だから初回利用時は利用限度額は下限に設定される事が多く、さらに適用される金利は上限となる場合が多くなっています。金利を高くする事によって、短期間で貸したお金を回収できるようになる為、貸し倒れリスクを低く出来るからです。ただいつまでも同じ様に高金利でしかカードローンを利用できないわけでは有りません。実際にはその金融機関の中での自分に対する信用度が高くなれば、今とは違った条件で融資を受ける事が出来るようになるからです。信用度が上がった場合、金融機関からの打診、若しくは自分からの申し込みで利用限度額の上限をアップさせる事が出来る場合があります。もし利用限度額がアップすると、適用される利率は低くなる為、今までよりも沢山のお金をお得に借りられるようになります。適用される金利はこのように変化して行く為、店頭やサイトで表示されている年利には幅があるのです。